不動産担保ローンのお話

Posted on

不動産担保ローン

不動産担保ローンはその名の通り、不動産(物件)を担保としてお金を借りる事を言います。お金を借りる代わりに、担保となる不動産を使って現金を借りる。これは、色々な使われ方がありますが一つは実際に現金を借りるパターン、もう一つは不動産を担保に新たにローンを組んで物件を購入すると言う事です。

担保の評価額

不動産担保ローンは担保として不動産物件を入れますが、その物件の評価額は購入時とは変わってきます。例えばバブル期のように皆が不動産を欲しがっている時は値が高騰しますし、その物件に何かあった場合や近くにあった大型のショッピングセンターがなくなってしまった場合など、その不動産の要因以外でも外的要因でも評価額は変わってきます。その場合、不動産担保ローンには影響してくるのか?これは一般的な話ではありますが、最初に契約した時の担保はローン締結後は評価額が下がっても解約される事はありません。そのため、不動産担保ローン契約時に担保として入れた物件の評価額が下がっても、普通にローンを払い続けていれば全く問題なく刈りつづけられると言う事です。

不動産担保ローンで注意すべきことは?

不動産担保ローンで注意すべき事はまずはお金の問題。不動産と言うと、額が大きくなるのでその物件を担保に入れている場合は多額のお金を借りる事ができます。そこで一度に大金を手にすると、人間はお金の使い方を間違えてしまう事があります。担保となっている物件自体はローンも残っている場合、両方の支払いに追われて結局は不動産を手放してしまったと言うケースも少なくないようです。そのため、不動産担保ローンでお金を借りる場合は、計画をたててしっかりとして置く事が重要dえす。

基本事項

不動産を使ってお金を借りる場合の基本事項です。借り先は不動産業者やローン会社や銀行、資金に利用先は自由で融資を受ける際には金利が発生します。返済方法は契約時に決めますがだいたいは金利を一定額に保っておいて返済していくパターンが多くなっています。

このように不動産担保ローンは、担保がある分多額のお金を借りる事ができます。そして、次の物件を購入するなどのプラス面が大きくあります。逆にマイナス面も多くありますが、計画的にお金を借りる場合はかなり良いツールだと思います。不動産担保ローンを使って、更に物件を買いましてから夢の家賃収入を得ると言う事も考えられますしね。