不動産購入にあたって

Posted on

不動産購入にあたって

マンションや一軒家を購入するには相当なお金が必要です。多分、人生で一番高い買い物になるのではないでしょうか。一般的には手持ち式で購入する人は少なく、ほとんどの人が住宅ローンを組んで購入するパターンだと思います。住宅ローンの場合は、自己資金に加えて残りの部分をローンを組んで購入するのですが、だいたいは頭金が30%ほどと言われています。その他、不動産を購入するにあたってはその他にも費用がかかります。司法書士への手続き依頼や、登録免許などの税金も発生します。あわせて住宅を購入した後には引っ越しがあるのでそこでもまた引っ越し資金がかかってきます。

住宅購入の計画

住宅ローンには返済期限があります。そのため、住宅ローンを組む際には自分がどれだけ働いて、且つその働いている中でボーナスでいくら返済するのかなどがあります。通常の住宅ローンの返済額は自分の年収の多くて3割と言われており、1000万円の収入がある人は300万を返済に充てると言うパターンが多く見受けられます。その場合、例えば300万円の返済となると25年で7500万円になります。ただ、この7500万円と言っても、同額の物件を購入できると言う訳ではありません。それは、ローンには金利があるからです。金利は1パーセントほどば一般的ですが、少ないと思っていても不動産金額が5000万円だった場合は年間50万円の金利が発生する事になります。金利は借入先によってはかなり高い金額となるので、返しているようでかなりの金額の金利を支払っている事になります。このように住宅購入の際のローンの組み方は、色々な視点から計画をたてなくてはいけません。住宅ローンは毎月いくら返済していくのか、そしてボーナスはいくら支払うのか、又は金利はいくら乗っているのかなどを全て加味した上でローンを組むのが一般的です。不動産サイトなんかでは、自分が購入した物件に対してのシミュレーションを設置しているサイトがあります。そのようなシミュレーションサイトでは物件額と金利、そして毎月の返済金額を入力する事でだいたいのシミュレーションができるようになっていまうす。シミュレーションで自分が買える金額を算出し、購入の目安にすると良いと思います。不動産会社によって金額に差があったり、差し引きできる金額などもあるので、1件だけではなく不動産会社数社まわってみてどこの会社が一番安く買えるのかなども相談してみると損をしないで購入できるでしょう。