宅建は難しい?

Posted on

宅建の基礎知識

毎年20万人もの人が受験する宅建の試験。資格の中でもかなり人気の高いのが宅建です。
では、その宅建とはどのような資格なのでしょうか?まずは不動産取引の流れを見てみましょう。

不動産取引の流れ

売主が不動産媒介を依頼して、業者が物件を探します。そして買主が見つかと不動産会社を通じて売買契約に入ります。売買契約の時には宅建責任者の同席が必要となります。そして契約し公的書面を作成して終了です。

このように不動産を取引するには普通の売買のようにこの商品を売りますよ、じゃ私が買いますよと言うだけではなく宅建の資格を持った人が必要となります。そこで宅建のルールにのっとり説明をして契約に至ります。ちなみにこの売買を媒介する場合には不動産会社には人数に応じて宅建資格保有者が必要となります。宅建の資格を持たずに会社をやっていてもその会社では不動産の媒介はできないと言う事になります。

宅建資格は不動産と言う、どこにでもあり且つ需要がある分野で非常に活躍する資格なので、皆がほしがる資格になっています。試験の難易度はそれほど高くはありませんが最低でも2ヵ月以上は勉強しないとうからないでしょう。選択式なので運よく受かる場合もありますが、その場合は実践は厳しいでしょう。